お父さんの腰痛

しばらく、ブログをお休みしちゃいましたが、実はお父さんが腰痛で面倒を見ていたのです。

腰痛は、退職する前から患っていて医者からも上手に付き合うしかないようなことを言われて、重い物を持ったりしないようにしたり、時々ほんとうに思いだしたかのように散歩にいっては運動だとか言っては、時には痛いようで横になって要ることありましたが、5月の連休を過ぎた頃からはかなり辛いようで、足がいつも痺れるような事を言い出して、5年か6年ぶりに通院をはじめたのです。

原因は、ヘルニアらしいのですが歳も歳ですので手術するのもってことで、何とか上手くは付き合っていたようですが、今回はおしりの後ろから腿、つま先などが腰よりも痛いようで、孫とコンビニに買い物に5分ほど歩くのもやっとなようでした。

通院で、お薬ももらって来たのですがなかなか効かないようで、注射もしたようですが同じくあまり効果がないようで、先月からはコルセットを買ってきて使いはじめたのです。

Ko947484

 

ところが、これがまた面倒でしっかりと締め付けるうように固定するが良いとか、あまり強くない方が良いとか幾つも買ってきては祖に日脳様子で取り替えては使っているようです。

まったく動けない訳ではないのですが、どんと座ったまま何か持って来いだののどが渇いただのって、子供より世話が焼けますが、いままで頑張ってきてくれたからの事ですから、ぼやきながらもできる事はって思うばかりです。

そして、最近は少し良くなってきたようで孫とコンビニに行くのも運動のようでアイスを買いに行くようになってきて一安心です。
 

タグ

2017年7月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ