見えない努力

今年の梅雨は、スッキリとした日がぜんぜんない、本当に梅雨らしジメジメした嫌な天気が続きいて、お部屋の中も湿度が高い感じで晴れる日が待ち遠しいです。

ただ、植物は嬉しいようで先日挿し木をしたあじさいも新芽が出始めたり、風知草も大きくサワサワと風になびいて気持ち良さそうです。

 

いつも、風知草を買って来ても翌年には枯れてしまい続けて咲くことがなかったのですが、「冬の間もお水をきちんとあげてくださいね。」と教わって、冬にも土の表面が乾いた感じになるとお水をあげるようにしたら、毎年続けてきれいな姿を見せてくれるようになって、しかも年々それが大きくなって、とても嬉しいです。

お父さんも、毎日の散歩が最初は帰ってくるとすぐ疲れて休んでおりましたが、最近は帰りが少し遅いので聞いてみると、だんだんと歩く距離を伸ばしいていたり、お友達のところによってみたりいつもお目にかかる方とお話しをしていたとか、楽しんでいるようになってきました。

私あ子供の頃、父に「見えない努力ほど実る物だ」と教わりましたが、ここ数日この言葉を思い出して時間しております。

タグ

2019年7月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

挿し木

今年は、しっとりと雨の多いいかにも梅雨らしい梅雨で、毎日ジメジメです。

お父さんは、まだ歩くのがあまり進まないようで毎日のように庭いじりをしているのですが、いつもの盆栽に加えてご近所さんからいただいてきたあじさいの挿し木をしてくれました。

 

IMG 8313

 

孫と散歩をしていたら、ご近所さんでお庭に地植えしてあるあじさいを剪定したのでいただいてきたそうです。

私は、挿し木で増えるとは知らなかったのでいつも立ち話をしていたばかりですが、お父さんはちゃかりと言うのでしょか粗末にならないと言うのでしょか、数本いただいてきて100円ショップの小さなプランターに余っていた土を入れて植えておりました。

 

それも、盆栽の時の様にしっかりと茎をきれいにカミソリで切ったり培養液みたいなので水上げまでしていました。

 

ただ、土は心配だったようで、お友達に電話までして聞いていて、どうも盆栽用とな違うようでいつもの土とは違う土を、袋から出して入れたりして、久しぶりに楽しんでおりました。

 

一緒にみていた孫も、いただいてきたお花を刺して「元気に来年も咲いてね」って声をかけておりました。

 

お父さんが言うには、花のまま何もしなくて植えてもだめなようで、後からこっそりと他のものに植え替えて、孫には元気になる様に花や葉を切ったことをお話ししておりました。

あじさいは、好きな花なので無事に根付いて、来年元気に咲いてくれるのが楽しみです。 

タグ

2019年7月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ