レンチン料理で美味しく手抜き

最近、テレビなどでもよく見るレンチン料理をしてみました。

お母さんとも、テレビを見ながら簡単そうだし、電子レンジであんなに美味しくできるならやってみたいねって、お話しをしていたのですが、実際のレシピや手順をメモする間がなく番組が終わってしまうので、なかなか機会が無かったのですが、お母さんが山本ゆりさんって有名な方のブログを見つけてくれました。

山本ゆりさんのレシピと手順ですと、まな板を洗う手間まで考えてくださってある手順で、とても主婦の気持ちがわかっている親切なものでした。

材料も、いつもあるような材料ばかりなので、おしゃれな材料や調味料を買うことがなくてできそうでした。

ただ、唯一購入をしてきたは、耐熱性のあるタッパーの様な入れ物が無かったので、大きめのジップロックを買ったのですが、わずか300円ちょっとの物でした。

初めての時は、とにかく簡単な方が良いかといろいろと見ていると、テレビでもやっていた、小松菜と豚肉をオイスターソースで炒めるお料理があったので試してみました。

 

ジップロックに、豚肉と小松菜を入れて、そこに調味料を混ぜてかけて、そのあとはチンするだけとあるので、半信半疑でしたがさっそく食べて見ると、とてもチンしただけとは思えないちょうど良い火加減で味も良くお肉も固くならずビックリでした。

少したってから、今度はもやしをお肉で丸めてチンするだけのお料理を試してみましたが、これまた美味しくて手間もかからずステキでした。

調理の手間もですが、フライパンなどを洗う手間もかからず、本当に美味しく手間もかからないので、これからいろいろ試すのが楽しみです。

ブログなども文章を読んでいるだけでも、面白かったです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2020年9月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ